飲めば世界の頂(いただき)を知る! 幻のコーヒー豆 GESHA 「革命的」と世界のコーヒ通をうならせた「ゲイシャ」。生産量が少なく価格は高騰、入手困難で幻とも呼ばれた愛好家垂涎のコーヒーを、数量限定で今ここに。

エチオピア ゲイシャ ナチュラル フローラル系の豊かな香りと、みかんを思わせる果実系の甘み 希少性:●●●●●●●●● 香り:●●●●◖ コク:●●● 酸味:●●●●● 苦味:●●●● 甘み:●●●●●
RARE SELECTION

幻の高級コーヒー「ゲイシャ」が
「ジ・オリジン」シリーズに満を持して登場!

アペックスのカップ式自販機、その味わいへの責任を一手に引き受けるのは、商品開発室長の石原豊史。コーヒー鑑定士の資格を持つ彼が、豆ごとの特性をしっかりと見極め、風味を引き出しています。彼が今、自信を持ってお届けしているのが「ジ・オリジン」シリーズ。「コスタリカSHB ラス・ラハス農園 ブラックハニー」、「マンデリン ジェヌインリントン トゥルー・ブルー」など個性の強い品種をセレクトし、コーヒーの多様性、さまざまな楽しみ方を世に紹介するシリーズです。今回、リリースされる「ゲイシャ」は、風味・価格においても、「ジ・オリジン」シリーズの中でも特別な位置づけになる製品。その開発秘話を石原が語ります。

あらゆるつてを使い、幻の豆「ゲイシャ」にたどりついた

コーヒー豆「ゲイシャ」を選定している様子

2004年にベストオブパナマで大絶賛され、瞬く間にコーヒー通の間で、高価かつ超希少な「幻の豆」として広まりました。まるでレモンやオレンジのような酸味、レモングラスや花のような香りで、得も言われぬ繊細なフレーバーが特徴です。

「ゲイシャ」には、パナマ産、コロンビア産などがありますが、私たちは、原産地であるエチオピア産のナチュラル(非水洗式)加工にこだわりました。ウォッシュド(水洗式)加工のものが多く知られている「ゲイシャ」ですが、ナチュラル加工の「ゲイシャ」はレモンティーのような酸味に加え、ラズベリーのような華やかで甘酸っぱい香りを味わうことができます。コーヒーの多様性を感じさせる、まさにスペシャルティな1杯です。より希少な豆を確保するために、現地農園との交渉から選別方法の確認、輸送まで、自らプロジェクトを立ち上げました。

私たちは「From Seed to Cup」というスペシャルティコーヒーの理念を尊重しています。ですので、今回、私が現地を訪れ、4日間で1650kmもの道のりを移動する強行軍で、農園を巡りました。

この間の現地の案内、帰国後の生豆の輸送方法など、コーヒーとは全く畑違いと思われるつてを駆使して、やっと「ゲイシャ」が手元に運ばれてきたのです。

繊細なフレーバーと酸味、苦みを三位一体に

インタビューを受ける石原豊史さんの写真

コーヒーのおいしさの3つの要素は素材、焙煎、抽出です。素材の質は農園でコーヒーを作られる方々の領域、その後の焙煎・抽出が私たちの仕事の領域です。

「ゲイシャ」はレモンやフローラル系の香りが特徴です。これは揮発性が高く、焙煎を失敗すると香りが立たなくなります。通常、スペシャルティコーヒーは浅煎りにして風味をそのまま表現しようとしますが、アペックスではそうはいたしません。

それはやはり、コーヒーは風味や香りと共に苦みも楽しむものであるというお客様の期待に応えるため。あえてしっかり焙煎して苦みを出しつつ、「ゲイシャ」ならではの繊細なフレーバーや酸味を損なわないように心を砕きました。この上で、自販機の抽出方法を「ゲイシャ」専用に設定し、何度も試作を重ねました。

今回の「ゲイシャ」を筆頭に、アペックスのコーヒーは、働く方々の身近に存在しているもの。ちょっと気分転換に飲みたい、つかれを和らげたいとふと手に取ったものが、「最高の一杯、最高のひととき」をお届けするものでありたいと心から願い、尽力しています。そうしてたどり着いた風味を、ぜひ楽しんでいただきたいと思っております。