株式会社アペックス 最高の一杯、最高のひととき

ここからグローバルナビゲーション
ここからメインコンテンツ

ニュース

2018年4月25日

民営化の高松空港 旧貴賓室に無人コーヒースタンドをオープン

2018年4月25日

高松空港株式会社

株式会社アペックス

民営化の高松空港 旧貴賓室に無人コーヒースタンドをオープン
5月3日(木・祝日)より提供開始
~カップ式自販機のアペックスが全国初プロデュース~

高松空港株式会社(香川県高松市香南町、代表取締役社長:渡部 哲也)は、株式会社アペックス(東京本社:東京都千代田区 代表取締役社長:森 吉平)が全国で初めてプロデュースした無人コーヒースタンドを、5月3日(木・祝日)、空港内旧貴賓室にオープンします。

無人コーヒースタンド イメージ図

 

高松空港株式会社は2018年4月1日の民営化スタートに合わせて、高松空港 国内線搭乗待合室の拡張・リニューアルを行いました。

今回コーヒー提供を開始する旧貴賓室は、国内線搭乗待合室として、利用者が搭乗までの時間を過ごせるスペースとなっています。空港にゆかりのある故イサム・ノグチ氏のモニュメント「タイム・アンド・スペース」の写真や、照明「AKARI」を活用し、落ち着ける空間を演出しています。

本コーヒースタンドは、全国に4,000台の業務用カフェサーバーを運営管理する株式会社アペックスが、全国で初めてプロデュースしたコーヒースタンドです。コーヒー本来の旨みや豊かなアロマを引き出すコーヒーマシンを2台設置し、一杯ごとに豆から挽いてドリップしたレギュラーコーヒーをご提供します。さらにマシンに金銭管理機能を付け無人化することで、早朝から深夜まで空港利用者のニーズに対応します。

 

 

ゴールデンウィーク期間中は毎日先着200名様に無料でコーヒーを提供

オープンを記念し、ゴールデンウィーク期間中(5/3~5/6)は、「おもてなし」キャンペーンを実施。毎日先着200名様に無料でコーヒーを提供し空港利用者をおもてなしします。

 

 

高松空港 無人コーヒースタンド概要

・オープン:2018年5月3日(木・祝日)

・場所  :高松空港2F国内線搭乗待合室内 旧貴賓室(保安検査場を抜けて、左奥のスペース)

・営業時間:5/3(木)   午前9時~最終便出発時刻まで

・     5/4(金)以降 午前6時~最終便出発時刻まで

・定休日 :無休(高松空港ビルに準ずる)

・価格  :レギュラーコーヒー 1杯200円(税込)

・キャンペーン内容:5/3(木)~ 6(日)毎日200名様に無料提供(なくなり次第終了)

・         5/7(月)~    毎日6時より通常営業

  

 

高松空港株式会社 会社概要

本社所在地  :香川県高松市香南町岡1312番地7

事業内容   :高松空港の運営等(運営および維持管理ならびにこれらに関する企画を

いい、同空港の利用者などに対するサービスの提供を含む。)

およびこれに関連する事業

Webサイト  :https://www.takamatsu-airport.com/

 

 

株式会社アペックス 会社概要

東京本社所在地:〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-14 靖國九段南ビル6F

事業内容   :飲料の自動販売機による中身商品の販売、カフェサーバー事業、

レストランの経営

Webサイト  :http://www.apex-co.co.jp/

 

 

一覧へ戻る
ページトップへ