ここからグローバルナビゲーション
ここからメインコンテンツ

コーヒーへのこだわり

「最高の一杯、最高のひととき」をお届けするために。
コーヒーへのこだわりをご紹介します。
お客様に「最高の一杯」を

お客様に「最高の一杯」を お届けするために。
アペックスは専業オペレーターとして唯一、自動販売機とドリンク商品の開発を行っています。

一杯のコーヒーがお客様のカップに注がれるまで、全ての工程に責任を持ちベストを尽くしたいという想いから、豆の選定から焙煎方法、管理の方法にまでこだわったコーヒー豆を開発しています。

※専業オペレーター
幅広い品揃えで顧客ニーズに柔軟に対応できる。特定の飲料メーカーだけではなく、複数の飲料メーカーから幅広く商品を調達し、カップ式や缶・ペットボトルなどの自動販売機を通して総合的なサービスを展開する企業。

レギュラーコーヒー おいしさへのこだわりポイント

  • point1.g原料へのこだわり
  • point2.鮮度へのこだわり
  • point3.調理へのこだわり

Point1原料へのこだわり

自動販売機内臓専用ミル

豆の選定からブレンドまで、すべてを熟練コーヒー鑑定士が監修

本場ブラジルでコーヒー鑑定士(クラシフィカドール)を取得した社員監修のもと、厳正に精査されたコーヒー豆を選定し、焙煎度合やブレンドなどの細かい仕様に至るまで製造企画を行っています。

焙煎度合指定

焙煎することでコーヒー豆が持つ味と香りを引き出します。当社は豆の個性を最大限に引き出せるよう、商品ごとに焙煎度合(L値)を0.1単位で指定し、焙煎業者へオーダーしています。また、商品によっては異なる焙煎度合の豆を焙煎後にブレンド(アフターミックス)することで、味に深みや奥行きを持たせています。

ブレンド指定

ブレンドすることで、複雑な風味や味わいを作り出すことができます。当社では「有機栽培豆100%使用コロンビア」や、スペシャルティコーヒーシリーズ「The ORIGIN of Apex」などストレートコーヒーの他に、「モカブレンド」「イタリアンブレンド」などブレンド商品も多数取り扱っています。手間と時間はかかりますが、産地ごとの豆の特徴を把握しながらブレンド、焙煎、味覚テストを繰り返し、アペックス独自の味を生み出しています。

全ロット自社検査

常に安定した味と香りを提供するため、焙煎業者検査済みの製品も、改めて商品開発チームが品質検査を行っています。基準に満たない製品があれば買取を実施しない場合もあります。

Point2鮮度へのこだわり

鮮度へのこだわり

包材

焙煎したての新鮮なコーヒー豆は、炭酸ガスを主成分とするガスが含まれており、これらが次第に放出されていくため袋の破裂の原因になります。袋に小さな穴を空けるなど、ガスを外へ逃がす仕組みが市販されている商品にもありますが、当社で扱う商品には、ガスは外に排出されますが、外の空気は侵入しないバルブを取り付け、鮮度保持を行っています。また紫外線がコーヒーの風味に影響を与えることから、遮光性のあるパッケージを採用しています。

小包装

焙煎されたコーヒー豆は酸化しやすく、風味や香りが失われていきます。そこで当社は常に新鮮なコーヒーをお届けできるよう、一般的に業務用豆が500gや1kg等で管理されている中、200gと小包装で管理しています。

在庫が一目で分かる在庫把握シール

コーヒー豆など原料を入れるキャニスターと呼ばれる箱には、種類ごとに「在庫量が一目で判断できるシール」を貼っています。過去の原料投入実績および販売状況により、最適な量を投入しています。

Point3調理へのこだわり

調理へのこだわり

一杯ごとにドリップ

お客様がボタンを押してから一杯ごとに、ペーパーフィルターを使用した高性能なブルワー(抽出器)で丁寧に淹れています。作り置きでは出せない、豊かな香りと味わいをお楽しみいただけます。

商品ごとに「一番おいしいレシピ」を設定

コーヒー豆の種類ごとに、使用する豆の量、お湯を注ぐタイミング、蒸らし時間とタイミング、抽出速度など詳細なレシピ設定を行うことで、コーヒーひとつひとつに最適な味づくりをしています。また、同じ豆でもブラックの場合と砂糖・クリーム入りの場合、またはアイスコーヒーの場合でも、それぞれに最適なレシピを設定しています。

お好みの味にカスタマイズ

カップ式自販機には「味調整ボタン」が備わっています。コーヒー豆や砂糖、クリームの量を増減でき、その日の気分や好みに合わせて、お客様自身でカスタマイズしたレギュラーコーヒーをお楽しみいただけます。

ページトップへ