ここからグローバルナビゲーション
ここからメインコンテンツ

コーヒーへのこだわり

「最高の一杯、最高のひととき」をお届けするために。
コーヒーへのこだわりをご紹介します。
お客様に「最高の一杯」を

お客様に「最高の一杯」を
お届けしたいから
いつも挽きたて・淹れたて

アペックスのレギュラーコーヒーは、作り置きでは味わえない新鮮な味にこだわりを持っています。独自の味覚基準と品質基準で選定からロースト、ブレンドまで厳しく管理したコーヒー豆を、注文から一杯ごとにミル挽き・ドリップすることで、挽きたて・淹れたてのおいしさを実現。コーヒー豆の冷却保存や水フィルターなど、おいしさを高める機能も充実しています。

レギュラーコーヒー おいしさへのこだわりポイント

  • point1.ミル挽き、ドリップ
  • point2.新鮮な原料管理
  • point3.豆の選定
  • point4.オリジナルブレンド

Point1一杯ごとにミル挽き、ドリップ(カップ内調理機構)

自動販売機内臓専用ミル

自動販売機内蔵 専用ミルで一杯ごとにミル挽き

お客様がオーダーされるつど一杯ずつコーヒー豆を挽きます。“直前に挽く”ことで、香りやコクを損なうことなく、いつでも本格的なレギュラーコーヒーを味わっていただけます。

一杯ごとにドリップ

お客様がオーダーされてから一杯ごとに、ペーパーフィルターを使用した高性能なブルワー(抽出器)で丁寧に淹れています。コーヒーに最適な湯温でドリップされるので作り置きでは出せない、豊かな香りと味わいをお楽しみいただけます。

Point2新鮮な原料管理

コーヒー豆の冷却保存

コーヒー豆の冷却保存でいつでも新鮮

ローストされたコーヒー豆は酸化しやすく、風味や香りが失われていきます。そこでアペックスでは、自動販売機内で冷却保存する機構を採用しています。(一部機種のみ対応)

在庫が一目で分かる在庫把握シール

コーヒー豆など原料を入れるキャニスターと呼ばれる箱には、種類ごとに「在庫量が一目で判断できるシール」を貼っています。常に新鮮なコーヒーをお届けできるよう、過去の原料投入実績および販売状況により最適な量を投入しています。

Point3豆の選定

独自の味覚基準で原材料を厳選

独自の味覚基準で原材料を厳選

アペックスのレギュラーコーヒーは、独自の味覚基準、品質基準によって原料豆の選定からブレンド、ローストに至るまで厳しく管理されています。

焙煎ロットごとに厳しい品質チェック

製品化後も、専門スタッフによる焙煎ロットごとのサンプルチェックを行い、品質管理を徹底しています。

Point4自動販売機専用オリジナルブレンド

カップ式自動販売機に最適化したブレンド

カップ式自動販売機に最適化したブレンド

ブレンドやロースト度合など、細かい仕様をメーカーにオーダー。その後、何度も試飲をくり返し、指定通りにできているか、チェックします。

お客様の嗜好にあわせてブレンド

その時々のトレンドや地域性など、お客様の好みに合わせ、ブレンドのしかたを見直しています。また、メーカーとの共同開発で、新たなおいしさをお届けしています。

アペックスのイノベーション 「研究開発」

自動販売機とドリンク商品を開発しているのはアペックスだけ!

アペックスは専業オペレーター※として唯一、自動販売機とドリンク商品の開発を行っています。
お客様のニーズに対応した高品質なお飲み物をお届けするため、あらゆる情報を収集・分析し、一歩先行くオリジナル自動販売機と商品をメーカーと共同で開発しています。
アペックスの開発は、自動販売機・商品の両面から関連するあらゆる要素の一つ一つについて最高のものを追求し、意図した最高のものにつくりあげる、いわゆる品質設計の考え方が貫かれています。お客様に喜んでもらうため、いつもおいしいお飲み物をお届けするためにアペックスのイノベーションはこれからも続きます。

※専業オペレーター
幅広い品揃えで顧客ニーズに柔軟に対応できる。特定の飲料メーカーだけではなく、複数の飲料メーカーから幅広く商品を調達し、カップ式や缶・ペットボトルなどの自動販売機を通して総合的なサービスを展開する企業。

ページトップへ