ここからグローバルナビゲーション
ここからメインコンテンツ

リサイクルシステム・中部リサイクルセンター

紙カップやレギュラーコーヒー残渣をリサイクルする取り組みや、
中部リサイクルセンターをご案内します。

業界初の紙カップリサイクルシステム

紙カップ専用回収容器を活用して分別回収の徹底を図ります。回収されたカップは、トイレットペーパーやボックスティッシュ等の衛生紙、また固形燃料(RPF)などに加工し、お客様にご利用いただけます。

アペックスのリサイクルシステム

アペックスのリサイクルシステム

レギュラーコーヒー残渣リサイクルへの取り組み

カップ式自動販売機のレギュラーコーヒーは、お客様からオーダーをいただくと(商品ボタン選択後)、その都度、コーヒー豆を挽き、ペーパーフィルターで濾しています。その後、コーヒー残渣は、自動販売機内で脱水し、減量化した状態で、機械内部に据え付けてある専用回収箱に捨てられます。
アペックスでは、このようなレギュラーコーヒー抽出後の残渣を、2008年度から、中部エリアで、肥料へとリサイクルする取り組みを始めました。専用回収箱から回収されたコーヒー残渣は、ペーパーフィルターを除去し、食品以外の異物がない状態にして、肥料製造元に出荷しています。アペックスのコーヒー残渣から生まれ変わった肥料は、製造元との契約農家やJAに販売され、ご利用いただいています。2012年度からは取り組みエリアを拡大し、関東エリアにおいては熱回収(一部、売電)をし、東北エリアにおいては肥料へとリサイクルしています。
一方、関西エリアにおいても、レギュラーコーヒー抽出後の残渣を、2010年度から炭へとリサイクルする取り組みを実施しています。
これらの取り組みは今後も継続して行い、リサイクル率を高めていく予定です。それにともない、残渣回収エリアの拡大、回収の効率化に努めるとともに、食品リサイクルを通して、食品残渣の再生利用化を図り、食品廃棄物の削減に今後も貢献してまいります。

コーヒー残渣の流れ

コーヒー残渣の流れ

中部リサイクルセンターのご案内

中部リサイクルセンター

アペックスでは、2004年10月、RPF(固形燃料)製造の拡大効率化と、缶・PETボトルの自社内リサイクルの体制を整えることを目的に、愛知県東海市に「中部リサイクルセンター」を開設しました。

同センターではRPF化ラインと資源化ラインの2つのラインをもち、廃棄物の削減と循環型社会構築に貢献するため、飲料自動販売機を通して排出される、使用済みのすべての容器包装類(紙カップ、原料袋、缶、ビン、PETボトルなど)のリサイクルを自社で責任を持って行っています。

  • 固形燃料(RPF)固形燃料(RPF)
  • 回収車輌回収車輌
  • 資源化ライン資源化ライン
  • 処理後の資源化物処理後の資源化物
  • 固形燃料(RPF)化ライン固形燃料(RPF)化ライン

株式会社アペックス 中部リサイクルセンター

所在地 〒476-0006 愛知県東海市浅山3-198
電話 052-601-6651
ページトップへ