株式会社アペックス 最高の一杯、最高のひととき

ここからグローバルナビゲーション
ここからメインコンテンツ

ニュース

2017年11月28日

ソムリエ情野のCoffee Talk(連載12/最終回)

このコラムでは、当社が経営するフレンチレストラン「アピシウス」のシェフソムリエ 情野が、一般社団法人日本ソムリエ協会 機関誌「Sommelier」に掲載したコラムを抜粋してご案内します。

(社)機関誌「Sommelier」バックナンバー

https://www.sommelier.jp/organpaper/index.html

 


 

味わいのポイントは意外にシンプル

味わいはコクと軽やかさのバランスをみますが意外に簡単です。苦ければコク、酸味が効いていたら軽いと表現できます。ピノ・ノワールとカベルネの関係にも似ていますね。

最近は酸味の効いたコーヒーが人気でコクのあるタイプはやや人気薄です。

コーヒーとワインの生産国などの法的基準の違いを大まかに分けると

このようにコーヒーは、栽培の段階からクオリティの高い豆を作ろうとする生産地は意外に少ないのです。

 

コーヒーがもたらす贅沢な時間

ソムリエはお客様がいらっしゃるレストランで素晴らしいフィナーレを迎えるべく、ワインのみならず、食前酒からコーヒーまでイメージしないといけません。「終わりよければ全てよし」お客様には食後の贅沢な時間をさらに味わい深いものにして、余韻をゆったりと楽しんでいただきたいものです。

 

 


過去の連載はこちら

連載1

連載2

連載3

連載4

連載5

連載6

連載7

連載8

連載9

連載10

連載11

連載12

 

 

一覧へ戻る
ページトップへ