ここからグローバルナビゲーション
ここからメインコンテンツ

SDGs達成のために

アペックスのマテアリティとSDGs、そして具体的な取り組みについてご案内します。

アペックスは、SDGs(持続可能な開発目標)達成に貢献します

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。国連に加盟する193のすべての国は、全会一致で採択したアジェンダをもとに、2030年までに、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会など、持続可能な開発のための諸目標を達成すべく力を尽くします。
世界が共通で抱える課題、中でも「気候変更への対応」「製造と消費に関する責任」「生物多様性の保全」等の課題には、アペックスの事業活動を通して培ってきた強みで取り組んでいけるものと考えています。また、社会や環境における課題を、新たな価値を生み出す機会と捉え、既存の取り組みの枠にとらわれない活動を推進し、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。


アペックスのSDGs

アペックスのマテリアリティとSDGs、具体的な取り組みについて

具体的な取り組みはこちらでご案内しています。(PDF 4.5MB)

  • Sustainability Report 2020

※コーヒー生産地との協働について
―明日も“おいしいコーヒー”が飲めるためにできること、始めています。―

ページトップへ