株式会社アペックス 最高の一杯、最高のひととき

ここからグローバルナビゲーション
ここからメインコンテンツ

ニュース

2020年1月17日

横浜市立さわの里小学校にて出前授業を行いました。

2019年10月17日(木)・11月19日(火)の2日間にわたり、昨年に引き続き、横浜市磯子区にある市立さわの里小学校にて出前授業を行いました。

本出前授業は、横浜市が取り組む「自分づくり教育(横浜で学ぶ子どもたちが未来を生きていく力をつけるために、学校と社会が一丸となった横浜らしいキャリア教育)」の一環として、昨年、一昨年の授業が好評だったことを受け、本年もお声掛けいただき実現したものです。

5年生70名を対象に、10月に環境篇として、カップ式自動販売機と紙カップ、紙カップの歴史や製造プロセス、間伐材紙カップから考えた環境問題について、  そして、11月には防災篇として、カップ式自動販売機だからこそできる災害時支援について、児童の皆さんにも考えてもらいながら授業を進めました。

環境篇においては、神奈川県産材の折り樹で“木”を感じたり、折り鶴等を作ってもらったりしました。

また、防災篇の当日は「災害対応型カップ自販機」実機を持ち込み、実際に飲料が調理される仕組みを見学し、出来上がった飲み物を飲むほか、お湯とお水でもどしたアルファ化米の食べ比べや、飲料にとろみ材を使ってとろみをつける体験もし、災害時に必要なことやできることについても理解を深めてもらいました。

年が明け、2020年1月25日の地域防災拠点訓練では、さわの里小学校が地域防災拠点になっていることから、児童の皆さんは、この出前授業で学んだ内容をさらに発展させて地域の方々に学習の成果を発表することになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇横浜市立さわの里小学校のウェブサイトはこちら

◇当社の「災害対応型カップ自販機」についてはこちら

◇当社の間伐材紙カップについてはこちら

◇当社のとろみ自動調理機についてはこちら

 

 

一覧へ戻る
ページトップへ